女性ならではの深刻な問題!小陰唇縮小や膣のゆるみ解消のテク

女の人

対処法がある

レディー

だいたい月に1度の周期でやってくる月経は、女性のみに起こる子宮出血です。この時に使用するのが紙製のナプキンであり、月経時によって排泄される血液を吸収するアイテム。血液の排泄をそのまま垂れ流しにするわけにはいかないので月経時には欠かせないですが、このナプキンによってトラブルが起こることもあります。その中でも起こりやすいものがかぶれであり、女性器周辺に赤みとかゆみをもたらす厄介な症状でしょう。ナプキンと下着を長時間使用していることにより、蒸れが起こって細菌を発生させて赤みとかゆみが数日間続くこともあります。

ナプキンによるかぶれが発生した場合は、できる限り幹部にかゆみ止めを塗ったりノンアルコールのウェットティッシュで清潔にしたりすることが有効です。これをしておくだけでかぶれを起こしている原因の細菌を取り除き、症状を鎮めてくれるでしょう。ただし、かゆみ止めを使う時は女性器専用のものを使用することやアルコール成分の強いウェットティッシュを使うことは逆効果。必ず、使用する際はデリケートゾーンでも安心して使えるものかどうかを確認しておくことが大切です。

紙製のナプキンは、肌の弱い人には擦れて刺激になることがありかぶれを毎回起こすこともあります。この場合は、紙製ではなく布製に切り替えることで肌にやさしく使えるでしょう。布製のものは、清潔に洗えば繰り返し使えるところもポイントなので、経済的な面でもメリットになります。ただし、紙製と同じく不衛生な状態で使用すると、肌にやさしくてもかぶれを引き起こす原因になるので気をつけておきましょう。