センシティブな問題を解決!小陰唇縮小や膣のゆるみ解消のテクニック

婦人

最新記事一覧

対処法がある

レディー

月経時に起こりやすくなる紙製ナプキンでのかぶれは、ちゃんとした対処法があります。デリケートゾーン用のかゆみ止めの使用やノンアルコールのウェットティッシュで洗浄、さらに布製のナプキンが有効です。

この記事を読む

老化現象への対処

レディー

老化の影響により起こる女性器のトラブルと言えば、膣のゆるみ。骨盤底筋の衰えも影響していて尿漏れを引き起こすリスクもあるので、膣圧計で数値を確認し適切なトレーニングを取り入れることが必要です。

この記事を読む

3つの大きな弊害

女の人

デリケートゾーンに起こる3つの悩みといえば、「ニオイ」「黒ずみ」「痒み」。この症状を改善するには専門の婦人科へ受診することやスキンケアで専用石鹸を使うことです。

この記事を読む

センシティブな悩み

女性

女性器に起こる弊害

女性の中には、人には言えないデリケートゾーンの悩みを抱えている人がたくさんいます。その中でも意外に悩んでいる割合が多いと言われているのが、小陰唇肥大。女性器の入り口にあるひだ部分のことで、この内部の小陰唇が外側にある大陰唇よりも肥大してしまう症状が様々なトラブルを誘発します。例えば、小陰唇肥大が起こることによって起こるのは、「摩擦による傷みや違和感」「かゆみの発生」「おりもののニオイが気になる」など悩ましいものばかりです。
ただ、小陰唇肥大は、美容クリニックで行なわれている小陰唇縮小手術を受けることで解消されます。ですから、一生その状態のままで解消されないものではないことを把握しておけば、一人で辛い悩みに耐える生活から抜け出せるのです。

施術前後の注意

小陰唇縮小は、美容クリニックによってその施術方法が異なります。ただ、流れとしてはカウンセリングを受けてどのようなデザインにしていくかを決めていくところからスタートするのは変わりません。大きさ、形など医師と相談しながら適切な状態にしていくので、不安を感じることなく進められるでしょう。
また、施術に関しては現状の形や大きさ、そして目指すデザインによって変わってきます。中には局所麻酔をして切除をしていく施術もあるので、施術方法は十分な説明を受けた後に合意してから進めることが大切。さらに小陰唇縮小の施術を受けた後は、日常生活で気をつけておかないといけないことがたくさんあります。特にトイレや入浴など日常生活で女性器に関わる点では、細心の注意を払う必要があります。このあたりも医師の説明をしっかり受けた後、局部を安静にすることを念頭におきましょう。